地方独立行政法人 大阪市博物館機構

プレスリリース

【報道発表資料】大阪市立美術館における屋根の鋼板落下について(令和4年2月4日 午後5時20分発表)

問合せ先:地方独立行政法人大阪市博物館機構 市立美術館総務課(06-6771-4874)

大阪市立美術館(大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82)において、令和4年1月24日(月曜日)午後6時頃に、当該施設の屋根の一部と思われる鋼板が隣接する南東の慶沢園敷地に落下しているのを発見しました。(令和4年1月24日午後8時35分発表済み)

1 原因

下地材に対するビスの締め付けが長年の風等の影響により緩み、強風により一気に外れたと考えられる。

2 対応

鋼板が外れた南側の屋根及び同様の鋼板が設置されている北側の屋根を大阪市博物館機構事務局施設管理担当及び事業者により点検を行いました(1月25日実施)。また、鋼板が外れた南側屋根及び北側の屋根について安全確保のため鋼板の固定を行いました。(2月4日作業完了)

施設利用者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申しあげますとともに、今後も必要な対応を取ると共に、安全確保に努めてまいります。