地方独立行政法人 大阪市博物館機構

プレスリリース

大阪市立自然史博物館:特別展「日本の鳥の巣と卵427 ~小海途銀次郎 鳥の巣コレクションのすべて~」を開催します(会期:2022年4月29日-6月19日)※プレスリリース第2弾

大阪市立自然史博物館では、令和4年4月29日(金・祝)から6月19日(日)まで、第52回特別展「日本の鳥の巣と卵427 ~小海途銀次郎 鳥の巣コレクションのすべて~」を開催します。
日本では、250種を超える鳥の繁殖が確認されています。大阪府で繁殖記録のある種だけでも100種を超えます。つまり、それと同じだけの種類の巣と卵があります。
本特別展では、日本一の鳥の巣コレクターである小海途銀次郎(こがいとぎんじろう)氏が60年にわたって集めた鳥の巣168種427点すべてを展示します。あわせて、それぞれの鳥の卵も並べて、日本の鳥の巣と卵の多様性や日本で繁殖する鳥と、その変遷についても紹介します。

1. 名称

特別展「日本の鳥の巣と卵427 ~小海途銀次郎 鳥の巣コレクションのすべて~」

2. 主催

大阪市立自然史博物館

3. 会期

令和4年4月29日(金・祝)~6月19日(日)
※開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

4. 休館日

月曜日(ただし5月2日は開館)

5. 会場

大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)
〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23
TEL:06-6697-6221
FAX:06-6697-6225
Osaka Metro御堂筋線「長居」駅下車3号出口・東へ800m
JR阪和線「長居」駅下車東出口・東へ1000m
自然史博物館ホームページ

6. 観覧料

大人500円、高校生・大学生 300円
期間内特別展フリーパス 大人1,000円、高校生・大学生600円
※本館(常設展)とのセット券は、大人700円、高校生・大学生400円。
※中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者1名を含む)、
大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)。30人以上の団体割引あり。
※本館(常設展)、長居植物園への入場は別途料金が必要です(セット券を除く)。

7. 後援

大阪市教育委員会

8. マスコミのみなさまへ

・プレスリリース(2月22日付)はこちら(概要・主な展示など)
・プレスリリース(4月8日付)はこちら(新しく加わったロゴデザイン、チラシデザイン、関連行事など)

9. 展示内容など

大阪市立自然史博物館HP
「日本の鳥の巣と卵427」展専用 ページ