地方独立行政法人 大阪市博物館機構

プレスリリース

大阪市立自然史博物館:テーマ展示「田中秀介展:絵をくぐる大阪市立自然史博物館」を開催します(2022年10月25日-12月11日)

大阪市立自然史博物館では、2022年10月25日(火)から 12月11日(日)まで、テーマ展示「田中秀介展:絵をくぐる大阪市立自然史博物館」を開催します。 関連イベントとして開催記念シンポジウム「自然史博物館で絵画を展示すること」、「ギャラリートーク in ナイトミュージアム」を実施します。

本テーマ展示は、同館第2展示室をモチーフにした絵画を、そのモチーフとなった展示室内で鑑賞するという、これまでに例を見ない画期的な展示です。美術作品を自然史博物館で鑑賞することは、自然史博物館が旧来の自然史科学にだけでなく、多様なニーズに対応すること、多様な体験を提供することにつながります。また、展示室と美術作品というコンテンツの組み合わせは、これまで自然史博物館を訪れたことがある人にも新たな博物館体験を提供することができるでしょう。
今回作品を展示する田中秀介氏は、和歌山出身で大阪に学び、現在も大阪市阿倍野区に在住して創作活動をおこなわれています。2019年に大阪市立自然史博物館の第2展示室をモチーフとした大作を描かれ、和歌山県立近代美術館での展覧会「なつやすみの美術館10あまたの先日ひしめいて今日」に出品されたことが、本展示のきっかけとなりました。この作品では、資料についての精緻な描写よりも、展示を見る子どもの驚きと感動そのものが中心に描き出されており、それが同館の「場」としての魅力を発見させてくれるものだったからです。今回は、田中氏が本展示のために、同館第 2 展示室の様子をモチーフに新たに制作した 200 号の大作 12 枚 9 点を展示します。美術館やギャラリーではなく、自然史博物館という枠組みで行う展示は、美術の作品発表としても新たな試みです。

※本展示は、文化庁令和 3 年度補正予算事業「ARTS for the future! 2」の支援を受けて開催します。

1. 名称

テーマ展示「田中秀介展:絵をくぐる大阪市立自然史博物館」

2.主催

大阪市立自然史博物館

3.会期

2022年10月25日(火)〜 12月11日(日)

4.開館時間

午前9時30分〜午後4時30分(入館は午後4時まで)
※10月中は午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

5.休館日

月曜日

6.会場

大阪市立自然史博物館 本館1階 第2展示室
〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園 1-23
TEL:06-6697-6221
FAX:06-6697-6225
HP:http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
Osaka Metro御堂筋線「長居」駅下車3号出口・東へ800m JR阪和線「長居」駅下車東出口・東へ1000m

7.観覧料

常設展の入館料でご覧になれます。
入館料:大人 300 円、高大生 200 円
※中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者 1 名を含む)、大阪市内在住の 65 歳以上の方は無料(要証明)。30 人以上の団体割引あり。

8. 詳細情報

プレスリリース および 大阪市立自然史博物館HP よりご覧ください。