地方独立行政法人 大阪市博物館機構

プレスリリース

大阪歴史博物館:特集展示「「漣(さざなみ)」を生んだ風景―近代水都大阪を描く―」を開催します(会期:2019年7月10日-8月19日)

大阪歴史博物館では、令和元年7月10日(水)から8月19日(月)まで、8階特集展示室において、特集展示「「漣(さざなみ)」を生んだ風景―近代水都大阪を描く―」を開催します。

本年は淀川改良工事が竣工し、新淀川が誕生してから110年目にあたります。大阪歴史博物館ではこれまでに新淀川の誕生100年を記念する特別展「新淀川100年 水都大阪と淀川」を開催し、淀川が果たした歴史的役割を明らかにしてきました。
一方近年、大阪が「水の都」であったことが見直され、水都大阪コンソーシアムによる「水都大阪」事業が活発に行われるなかで、淀川は人々に安らぎを与える空間・景観として注目度を高めています。そして2021年度には中之島に新しい美術館が開館を予定しており、水辺は文化空間としてもその魅力が期待されているところです。
本展示では、地方独立行政法人大阪市博物館機構誕生を機に、大阪歴史博物館と大阪中之島美術館準備室が所蔵する絵画作品を通して近代大阪の人々が見つめてきた水辺の景観を振り返り、これからの大阪における水辺空間の意味合いを考えてみたいと思います。

1.名 称

特集展示「「漣(さざなみ)」を生んだ風景―近代水都大阪を描く―」

2.主 催

大阪歴史博物館、大阪中之島美術館準備室

3.会 期

令和元年7月10日(水)~8月19日(月)
※火曜日休館、ただし8月13日(火)は開館

4.開館時間

午前9時30分~午後5時  ※入館は閉館の30分前まで

5.会 場

大阪歴史博物館 8階 特集展示室(常設展示場内)
〒540-0008 大阪市中央区大手前4-1-32
電話 06-6946-5728
ファックス 06-6946-2662
http://www.mus-his.city.osaka.jp/
(最寄駅)地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅②号・⑨号出口
シティバス「馬場町」バス停前

6.観覧料

常設展示観覧料でご覧になれます。
大人 600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)
※( )内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下・大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)の方、
障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

7.展示資料数

32点

主な展示資料など展覧会詳細