地方独立行政法人 大阪市博物館機構

プレスリリース

大阪市立自然史博物館:テーマ展示「砂浜の砂とその自然」を開催します(会期:2021年7月24日-9月26日)

大阪市立自然史博物館では、令和3年7月24 日(土)から9月26 日(日)まで、テーマ展示「砂浜の砂とその自然」を開催します。
砂浜は日本に暮らす人々にとって原風景のひとつであり、海水浴をはじめとしたレクリエーションの場としても私たちの生活に親しみのある場所です。砂浜とひとことで言っても、砂浜のできる場所や地形、砂粒の色や大きさ、砂粒の種類などは様々です。また、砂ばかりで生きものが少ない印象がある砂浜ですが、その環境に適応した生きものも数多く暮らしています。
このテーマ展示では、砂浜という自然環境に注目し、博物館で収集した日本全国の砂浜の砂を展示し、地域ごとに異なる砂浜の砂の多様性とともに、砂浜環境に暮らす動物・昆虫・植物について紹介します。また、開発や海岸侵食により危機的な状況にある砂浜の現状についても解説します。
この展示にあたってはJSPS 科研費18K01114の助成を受けています。

1. 名称

テーマ展示「砂浜の砂とその自然」

2. 会期

令和3年7月24日(土)〜令和3年9月26日(日)
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、臨時休館する可能性があります。
最新情報は、大阪市立自然史博物館 ホームページ等でご確認ください。

3. 開館時間

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

4. 休館日

月曜日(ただし8月9日、16日、9月20日は開館)、9月21日

5. 場所

大阪市立自然史博物館 本館1階 ナウマンホール
〒546-0034
大阪市東住吉区長居公園1-23
TEL:06-6697-6221(代表)
FAX:06-6697-6225
地下鉄御堂筋線「長居」駅下車3号出口・東へ800m
JR阪和線「長居」駅下車東出口・東へ1,000m
大阪市立自然史博物館 ホームページ

6. 観覧料

常設展入館料(大人300円、高大生200円)
※中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者1名を含む)、
大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)。
30人以上の団体割引あり。

7. 展示内容など

大阪市立自然史博物館HP 展覧会詳細ページ

8. 関連行事

自然史オープンセミナー「砂浜の砂をのぞいてみたら」
日時:8月21 日(土)午後1時〜午後2時30分頃
行事形式:講演会およびインターネットによる配信行事。
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況により、行事内容を変更する可能性があります。
場 所:自然史博物館 講堂(YouTube を使った同時配信も行います)
定 員:【講堂での聴講】 100 名(定員を超えた場合は抽選)
【【【【【ネット配信】 当日の参加が可能です。定員の制限はございません。
対 象:【講堂での聴講】 どなたでも参加できます(小学生以下は保護者同伴)
【【【【【ネット配信】 インターネットに接続することができる方であれば、どなたでも参加できます。
参加費:講堂での聴講無料(博物館での聴講の場合は博物館入館料が必要)
申込締切:8月14 日(土)※YouTube を使った配信での聴講をご希望の方は、申込不要です。

配信方法や接続方法についてはこちらをご覧ください。