地方独立行政法人 大阪市博物館機構

ニュース

「教員のための博物館の日2022」を開催します(実施日:2022年8月3日・8月5日)

地方独立行政法人大阪市博物館機構は、令和4年8月3日(水)・5日(金)に「教員のための博物館の日2022」を開催します。

「教員のための博物館の日」は学校での博物館利用を進めるために、まずは教員自らが博物館を楽しみ、博物館の学習資源を知る1日として全国で開かれているイベントです。大阪市では2012年の大阪市立自然史博物館での開催を皮切りに、毎年夏に開催し、これまでで1,300名以上の教員が参加しました。今年度は、大阪市立自然史博物館(8月3日)、大阪歴史博物館(8月5日)で実施します。

学習指導要領では、博物館等施設との連携や協力と積極的な活用が明文化されています。しかし、実際には「どのように博物館を利用したらよいか分からない」と感じている教員がまだまだ多い状況です。また、新型コロナウイルス感染症拡大による校外学習の機会減少を受けて、博物館では授業で利用できるさまざまなWebコンテンツを増やしております。実物資料やWebコンテンツなどさまざまな情報や資料があり、学芸員という専門家がいる博物館ならではの個性を生かした学校での博物館利用を促進するため、「教員のための博物館の日」を開催します。

大阪市立自然史博物館では、博物館が提供するWebコンテンツや貸出資料などを紹介するほか、学芸員による展示解説や体験プログラムなどを実施します。大阪歴史博物館では、地域学習や歴史学習を拡充させるために大阪歴史博物館を活用した事例報告と提案など、それぞれ特色ある内容で教員のみなさんをお迎えします。

ぜひこの機会に教員のみなさまにご参加いただき、教育現場における博物館利用の幅を広げていただきたいと思います。

開催概要など詳細はこちら