地方独立行政法人 大阪市博物館機構

プレスリリース

大阪市立自然史博物館:特別展「知るからはじめる外来生物 〜未来へつなぐ地域の自然〜」を開催します(会期:2020年3月1日-5月31日)※2月21日更新

大阪市立自然史博物館では、令和2年3月1日(日)から5月31日(日)まで、特別展「知るか
らはじめる外来生物〜未来へつなぐ地域の自然〜」を開催します。

近年、SDG’Sや生物多様性国家戦略といった言葉とともに、生物多様性の保全の必要性が知られるようになってきました。そこで、クローズアップされているのが、外来生物問題です。アマミノクロウサギやヤンバルクイナを絶滅させないために、マングースを駆除するというニュースを見たことがある方もいるでしょう。

しかし、外来生物については、多くの人がしばしば誤解しています。よくある勘違いは、外国から来たから外来生物というものです。他の地域から人間が運んできたものが外来生物であって、国内の他の地域から外来生物がもたらされることもあります。逆に人が運んだのではなく、たとえば渡り鳥のように、自分でやってきたら外来生物ではありません。

外来生物は、今では私たちの身の回りのあちこちにいます。それをすべて駆除するのは現実的ではありませんし、身の回りの生態系自体を破壊してしまいかねません。一方で、駆除は可哀想と放置するのも責任のある態度とは言えません。外来生物にどう対応し、付き合っていくか。生物多様性の保全という立場から、地域の自然をどのように未来に残していくか。私たちは考えなくてはなりません。そのためには、まず外来生物についての正確な知識と現状の把握が必要です。

大阪府周辺にはどのような外来生物がいるのか、私たちが生活する身近な場所を中心に、市民の皆さんと一緒に調査した成果についても展示します。この特別展では、多くの人がきちんと外来生物問題を考えられるようになることを目指して、外来生物問題についての基礎知識と、大阪や日本における外来生物の現状を紹介します。

1. 名称

特別展「知るからはじめる外来生物 〜未来へつなぐ地域の自然〜」

2. 主催

大阪市立自然史博物館

3. 会期

令和2年3月1日(日)~5月31日(日)
※開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)

4. 休館日

月曜日(休日の場合はその翌平日)

5. 会場

大阪市立自然史博物館
ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)
〒546-0034
大阪市東住吉区長居公園1-23
TEL:06-6697-6221
FAX:06-6697-6225
HP:http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
地下鉄御堂筋線「長居」駅下車3号出口・東へ800m
JR阪和線「長居」駅下車東出口・東へ1000m

6. 観覧料

大人500円、高校生・大学生300円
期間内特別展フリーパス 大人1000円、高大生600円
※本館(常設展)とのセット券は、大人700円、高大生400円。
※中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)。30人以上の団体割引あり。
※本館(常設展)、長居植物園への入場は別途料金が必要です(セット券を除く)。

7. 後援

大阪府教育委員会、大阪市教育委員会

8. 展覧会詳細