地方独立行政法人 大阪市博物館機構

プレスリリース

大阪歴史博物館:NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」を開催します(会期:2020年4月25日-6月14日)

このたび、令和2年4月25日から6月14日まで、大阪歴史博物館におきまして、NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」を開催する運びとなりました。

本展では、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」と連動し、主人公である明智光秀ゆかりの品や、細川家に嫁いだ娘のガラシャ、光秀が仕えた織田信長や、織田家中のライバルであった羽柴(豊臣)秀吉など、光秀をめぐる人物や同時代の歴史資料などを通して、織田信長の天下統一に向けて戦場を駆け巡り、のちに「本能寺の変」で主君・信長を倒したのち、最後は秀吉との戦いに敗れてこの世を去った明智光秀の人間像と彼が生きた時代を浮き彫りにします。

1. 会期

2020年4月25日(土)~ 6月14日(日)
※火曜休館、ただし4月28日(火)・5月5日(火・祝)は開館、5月7日(木)休館

2. 会場

大阪歴史博物館  6階  特別展示室

3. 開館時間

午前9時30分~午後5時
※毎週金曜日は午後8時まで
※入館は閉館の30分前まで

4. 観覧料金

特別展のみ
大人1,400円(団体1,260円、前売1,200円)
高校生・大学生900円(団体810円、前売700円)

常設展との共通券
大人1,860円(団体1,800円)
高校生・大学生1,210円(団体1,170円)

※団体は20名以上。
※前売券は、31日(日)~424日(金)まで主要プレイガイド・コンビニエンスストアで販売。
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。

5. 主催

大阪歴史博物館、NHK大阪放送局、NHKプラネット近畿*、読売新聞社
*2020年4月1日より(株)NHKエンタープライズ近畿総支社に社名変更します

6. 協賛

NISSHA、ハウス食品グループ、ロート製薬

7. 展示構成

プロローグ
戦国美濃の下剋上 -光秀以前-
光秀が歴史の表舞台に登場する以前の16世紀前半、足利将軍など旧来の権威は失墜し、下剋上の世となりました。光秀ゆかりの美濃の情勢を紹介します。

第一章
明智光秀 -謎多き人物-
遺された所縁の品々を通じて、光秀の人物像を紹介します。

第二章
光秀をめぐる人々-家族と、盟友と-
盟友・細川藤孝、その嫡男・忠興の正室となる娘・玉(ガラシャ)や荒木村重など、光秀を取り巻く人々を紹介します。

第三章
信長の家臣へ -主君と、好敵手と-
後半生の主君となる織田信長、「本能寺の変」後光秀を討つことになる豊臣秀吉なども交え、信長と光秀の好敵手たちを紹介します。

第四章
戦い -東奔西走の日々-
信長家臣団の一人として、勇猛果敢に戦場を駆け抜けた光秀。一向一揆との争いや丹波平定戦など光秀の戦いを紹介します。

第五章
本能寺の変 -光秀、決起す-
日本の誰もが知る歴史的事件「本能寺の変」、続く「山崎の戦い」までを紹介します。

エピローグ
本能寺の変のその後
「本能寺の変」のその後を紹介します。

8. 主な展示資料など詳細