地方独立行政法人 大阪市博物館機構

プレスリリース

大阪歴史博物館:特集展示「発掘成果から考える 近世都市「おおさか」の食文化」を開催します(会期:2020年3月4日-5月11日)

大阪歴史博物館では、令和2年(2020)3月4日(水)~5月11日(月)まで、8階特集展示室において、特集展示「発掘成果から考える 近世都市「おおさか」の食文化」を開催します。

本展では生活の基本となる「食」の面から大阪市内の考古資料を特集します。考古資料の中でも多くの割合を占める食膳具・調理具は、時期によって産地や器種に違いがみられます。これらは豊臣期から江戸時代を通じて国内外から広く搬入、販売されており、大坂という大都市の特徴をうかがい知ることができます。展示では、大坂城内・蔵屋敷・城下町の各地点に住まう人々が所有した碗・皿・擂鉢(すりばち)・鍋などの多彩な陶磁器・土器類を中心に、骨・貝殻といった食材の痕跡、魚種名が記された魚市場跡出土木簡などをあわせて紹介します。

かつて食膳をにぎわせたことを示すこれらの資料から、現代の私たちの食卓にも連なる近世大坂の食文化の展開を考えます。

1. 名称

特集展示「発掘成果から考える 近世都市「おおさか」の食文化」

2. 主催

大阪歴史博物館、一般財団法人大阪市文化財協会

3. 会期

令和2年(2020)3月4日(水)~5月11日(月)
火曜日休館、ただし4月28日・5月5日は開館、5月7日(木)は休館

4. 開館時間

午前9時30分~午後5時
※会期中の4月10、17、24日を除く金曜日は午後8時まで
※入館は閉館の30分前まで

5. 会場

大阪歴史博物館 8階 特集展示室
〒540-0008 大阪市中央区大手前4-1-32
電話 06-6946-5728  ファックス 06-6946-2662
http://www.mus-his.city.osaka.jp/
(最寄駅)地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅②・⑨号出口
(最寄駅)シティバス「馬場町」バス停前

6. 観覧料

常設展示観覧料で観覧いただけます。
大人 600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)
※( )内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下・大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)の方、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

7. 展示資料数

約200件

8. 主な展示資料など展覧会詳細