地方独立行政法人 大阪市博物館機構

プレスリリース

【重要なお知らせ】新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴う休館期間延長について

地方独立行政法人大阪市博物館機構では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、本法人が運営する美術館、博物館(大阪市立美術館、大阪市立自然史博物館、大阪市立東洋陶磁美術館、大阪市立科学館、及び大阪歴史博物館)の全館を、令和 2年 2月 29日 (土)から3月 16日 (月)まで休館しておりました。

3月10日時点において、政府からは新たに「今後概ね10日間程度はこれまでの取組を継続されたい」旨の依頼があったことから、3月17日(火)以降も引き続き休館期間を延長いたします。

ご観覧を心待ちにしておられたお客様には大変申し訳ございませんが、再開時にはよりいっそうお楽しみいただけるよう努めてまいりますので、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

なお、開館時期等につきましては、今後も、国や大阪市の動向ならびに感染症の拡大状況を注視しつつ決定し、当ホームページや各館ホームページでお知らせいたします。

本件に関する問い合わせ先

地方独立行政法人 大阪市博物館機構
事務局総務課:石山・東川
電話:06-6940-4330