地方独立行政法人 大阪市博物館機構

プレスリリース

大阪市立自然史博物館:ミニ展示「和泉層群から41年ぶりに新種記載された異常巻アンモナイト」 を開催します(会期:2021年4月23日-6月20日)

大阪市立自然史博物館では、令和3年4月24日(土)から6月20日(日)まで、ミニ展示「和泉層群から41年ぶりに新種記載された異常巻アンモナイト」を開催します。
和泉層群は、四国から大阪の和泉山脈にかけて分布している白亜紀の地層です。アンモナイトなどの海生の生物化石が多く産出することが知られています。このたび北九州市立自然史・歴史博物館と徳島県立博物館の共同研究により、大阪市立自然史博物館を含む3つの博物館に収蔵されている徳島県から採集されたアンモナイト化石が、新種であることが判明しました。これを記念して、この研究に関係する実物化石などを、3館でそれぞれ展示します。

1. 名称

ミニ展示「和泉層群から41年ぶりに新種記載された異常巻アンモナイト」

2. 会期

令和3年4月23日(金)〜令和3年6月20日(日)
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、お住まいの地域のガイドラインに沿ってご来館いただきますようお願いします。最新情報は、大阪市立自然史博物館 ホームページ 等でご確認ください。

3. 開館時間

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

4. 休館日

月曜日(ただし5月3日は開館)、5月6日

5. 場所

大阪市立自然史博物館 本館(1階)
〒546-0034
大阪市東住吉区長居公園1-23
TEL:06-6697-6221(代表)
FAX:06-6697-6225
地下鉄御堂筋線「長居」駅下車3号出口・東へ800m
JR阪和線「長居」駅下車東出口・東へ1,000m
大阪市立自然史博物館 ホームページ

6. 観覧料

常設展入館料(大人300円、高大生200円)
※中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者1名を含む)、
大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)。
30人以上の団体割引あり。

7. 展示内容など

大阪市立自然史博物館HP 展覧会詳細ページ
ミニ展示「和泉層群から41年ぶりに新種記載された異常巻アンモナイト」リリース