地方独立行政法人 大阪市博物館機構

プレスリリース

大阪市立科学館:2022年2月2日、プラネタリウムリニューアルオープン! ―生まれ変わるホールと映像システムで、もっと快適&リアルな宇宙体験へ―

大阪市立科学館は、2022年2月2日、プラネタリウムをリニューアルオープンいたします。

2019年春のリニューアル第1弾では、プラネタリウム投影機を一新しました。続く、今回の第2弾では、全天周映像システムを全面リニューアルします。地球や惑星の景色から、ブラックホールや銀河の果てまで、リアルなグラフィックスで宇宙のあらゆる光景をリアルタイムに再現し、ライブ操作&ライブ解説で紹介します。また、最新の4Kプロジェクターを6台使うことで、解像度もコントラストもこれまでの数倍向上。宇宙の光と闇の世界をよりリアルに体感できる空間に生まれ変わります。

さらに、プラネタリウムの座席もリニューアルし、座席の前後左右にゆとりを持たせることで、ゆったり観覧できるように改良します。快適さを追求したシートに身をまかせ、宇宙空間に没入できるプラネタリウムホールにご期待ください。

なお、ホールのリニューアルと併せ、トイレ等お客様サービス向上のための施設整備も行います。そのため、2021年8月23日(月)から2022年2月1日(火)まで休館いたします。ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。

2022年2月、新たに生まれ変わる科学館にご期待ください。

リニューアル後のイメージ